お知らせ

◇◇トピックス◇◇【マンションの耐用年数VOL.2】

2024.07.21

【マンションの耐用年数VOL.2】

メンテナンスについてです。
VOL.1でメンテナンスということを書きましたが、大きく分けると外側と内側で別れてきます。
外側に関してはマンション自体で修繕工事を行うので、【修繕積立金】や【長期修繕計画】といったものがとても重要になってきます。

内側については、【専有部分】になりこれは自己負担(自己責任)になります。俗にいう【リフォーム】【リノべーション】です。ここで大切なのは、壁紙や襖の張替えといった修繕ではなく、キッチンやお風呂など【水周り】のリフォームです。
具体的には水周り設備には【配管】が繋がっております。この配管は人間で言う【血管】と同じようなものです。前回、人間と同じ見方が出来ると書きましたが、人間でも血管が交換できれば寿命はもう少し延びると思いませんか?

マンションが人間と違うのは、【交換が出来る】という点です。建物自体は定期的なメンテナンスをすることによって、100年はもつとありましたが、内側も新規にしていくことによってさらに信憑性は増すのではないでしょうか。

中古物件でも
①外壁を見てひび割れがないか、コンクリートの欠けがないか確認
②室内の配管を交換

これを意識して頂くと、安心な住宅に住む事に繋がるのではないかと思います。
参考にして頂ければ幸いです。

永山駅目の前竹取の湯の向かいに営業所があります。
ご質問等お気軽に下さい。誠意を持ってお答え致します。




お問い合わせ お気に入り